after AA

死して、そして生まれきたるものへ

<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 阿部薫1973年の音源が発掘されたのだが… | TOP | 2014年年頭・感 >>

2012.12.12 Wednesday

未明の闇の中へ〜小池知久氏に(2012年12月12日に)

時代の未明から来たるべきものへ

 今年の春、『AA』という映画そして間章という人物にとって重要な方が亡くなった。小池知久氏、享年63歳。
 間章を間章足らしめた著作集はもちろん『時代の未明から来たるべきものへ』であろう。小池さんは『ジャズ』から『ジャズ・マガジン』を通して間さんの担当編集者であり『時代の未明から…』の編者だった。間さんの死後4年程経って『時代の未明から…』は刊行されたのだが、その当時は今のようにDTP化されておらず文体の統一感や誤字脱字などいくつかあり、再刊の際には修正しようとその箇所を逐一チェックされていた。昨年から取りかかった途上での逝去だった。ここに至ってやっとという感はあるが、詳細は未定ながらも来年初めに『時代の未明から…』が月曜社より復刻刊行されるという報せが入った。
 映画制作時はもちろん登場人物としてあるいは公開後にインタビューで間さんのことを語ってもらえるようにお願いしてみたのだが、「それはぼくの知っている間章であって彼の批評とは相容れないから」とそうしたことを固辞されていた。それは裏方に徹するということではなく、理由はわずか2ページばかりではあるが『間章クロニクル』の中に「『AA』について思うこと。」として書き記されている。
 小池さんと最後に言葉を交わしてから1年が経ってしまった。そして今日は間さんの命日である。
(2012年12月12日初稿)

JUGEMテーマ:追悼 注目★BOOK

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://afterword.aa-movie.com/trackback/1171007

トラックバック

▲top