after AA

死して、そして生まれきたるものへ

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 間章解体序説 | TOP | 未明の闇の中へ〜小池知久氏に(2012年12月12日に) >>

2012.12.02 Sunday

阿部薫1973年の音源が発掘されたのだが…

阿部薫7枚組

 今年(2012年)の1月末、唐突に『阿部薫CD BOX 1970〜1973』というものがリリースされた。PSFより既発の6タイトル分に加えて1973年の音源を追加した7枚組。個別のジャケットはなく、また解説は付属されず、紙製アウターケース付き8枚収納仕様のボックスに入れられている。録音年月日とメンバーがわかれば問題はないと思うのではあるが、まず既発音源である6枚めまでをPSFリリースの番号と対比させておくと、
  • DISC 1>阿部薫TRIO・1970年3月、新宿(PSFD-56)
  • DISC 2>阿部薫・山崎弘DUO/JAZZ BED(PSFD-67)
  • DISC 3>阿部薫SOLO・またの日の夢物語(PSFD-40)
  • DISC 4>阿部薫SOLO・光り輝く忍耐(PSFD-46)
  • DISC 5>阿部薫SOLO・木曜日の夜(PSFD-66)
  • DISC 6>阿部薫・WINTER 1972(PSFD-158)
のようになる。補足説明しておくとDISC 6は「WINTER 1972」として出された海賊盤をCD化したものだ。

 今回追加されたのは、正確な録音年月日が記されていない「DISC 7>阿部薫SOLO 1973」ー1973年のアルトソロ、22分余。終始ほぼミドルテンポで途切れなく展開される演奏は、同年に録音された『彗星パルティータ』ともまったく異なって、神経を切り裂く(切り裂かれる)ような攻撃性がほとんど感じられない。やさしさややすらぎとは別の、力なく、ただただそこに存在のみを主張している様子で、内にはどうしても迷いのようなものが潜んでいるように思えてならない。しかし聴いているうちにゆっくりとではあるが吸い込まれていくような磁場は確として存在している。それがなければ阿部薫の発掘音源ということを除いてしまえば、聴く価値もほどほどのものである。
 わたしが感じた戸惑いのようなものは、この時期に出逢ったとされている鈴木いづみとのことが無関係ではないような気もする。あまりよい時期ではないとも聞いているが、伝聞憶測の判断が付かない情報も混ざっているので深く触れることは避けておきたい。

 発売当初に版元社長自らmixiにて「五海ゆうじ氏の秘蔵写真を収めた」と告知していたのでそれなりに期待していたのだが、解説もないばかりかアウターボックスに使用された写真は『STUDIO SESSION 1976.3.12』と同一(収納ケースの外側も同デザイン)、ケース内部は既出の多摩川べりで中空を眺めるカット。これ以外に写真はなくケースとボックスには「貴重な写真」とややソフトな表現になっているものの、写真集として別添のブックレットになっているわけでもなく、『阿部薫覚書(阿部薫1949-1978)』などを持っているファンに怒られはしないかと心配するほど。国外の廉価版セットで慣れてはいても粗野さが今だに許せない。まったくもって不満の残るボックスセットで、既発の6枚については後日の加筆となるか定かではない。
(2012年12月2日初稿)

JUGEMテーマ:音楽 音楽論

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://afterword.aa-movie.com/trackback/1171000

トラックバック

▲top